冬場のカサカサ肌を解消しよう!洗顔まとめ

 


洗顔をする時、気になるのが終わった後の乾燥です。

 

乾燥しないようにクレンジングしたいなら、オリーブオイルを使用すると良いでしょう。

 

肌にとても優しいからです。

 

また、オイルクレンジングを使用すると乾燥しやすいので、ミルククレンジングを使用することです。

 

オイルクレンジングしないと中々落ちない濃いメイクのときなどに特に効果的です。

 

乾燥を避けるには、マッサージに使用するクリームクレンジングなどもおすすめです。

 

何となくべたつきそうで抵抗があるかもしれませんが、一番お肌が乾燥しない方法になります。

 

特に肌が弱くて敏感な人は、クリームタイプでのクレンジングがおすすめです。

 

長い時間つけずに、短時間で落とせば、肌にも負担がかかりません。

 

そして洗顔後は、自分にあった化粧水で保湿し、最後に必ず乳液を使って保湿した水分が飛んでしまわないようにすることです。

 

そして、クレンジングの後、化粧水の前にオイルタイプの美容液を使うとよいでしょう。


 

 

 

何が違うの?洗顔とクレンジングの違いって?

 

洗顔とクレンジングは、何となく混同しがちですが、明確な違いを理解しておく必要があります。

 

洗顔は肌の汚れを落とすもので、皮脂などの汚れを落とす目的で行います。

 

一方、クレンジングはメイクを落とすものです。

 

洗顔料では、油性の汚れは落とすことができないので、油性の汚れはクレンジングで落としていく必要があります。

 

洗顔とクレンジングの違いがどこにあるのかというと、端的に言うと、化粧品を落とすことが出来る出来ないかの差になります。

 

中には、クレンジングで洗顔まで済ませる人もいますが、そうすると肌に落としきれなかったクレンジング洗剤が残って、
トラブルを起こすことがあるので避けた方がいいでしょう。

 

クレンジングは、洗顔よりもどうしても肌の負担が大きくなります。

 

クレンジングや洗顔をすると、余分な水分や油分までとることになるので、
終わった後は必ず化粧水か乳液をつけることです。

 

化粧をしていない場合は、洗顔だけで汚れを落とすことは可能ですが、
化粧をしている場合、洗顔だけでは汚れを落とすのは無理で、
必ずクレンジングできれいに落とすようにしなればなりません。